Windows PC がさらに別のバグに見舞われ、一部のアプリが応答しなくなる可能性があります

読書時間アイコン 2分。 読んだ


読者は MSpoweruser のサポートを支援します。私たちのリンクを通じて購入すると、手数料が発生する場合があります。 ツールチップアイコン

MSPoweruser の編集チームの維持にどのように貢献できるかについては、開示ページをお読みください。 続きを読む

先週、Microsoft は、Windows 11 のエクスペリエンスを悩ませていた一連の問題を確認しました。 壊れたタスクマネージャー, リモート デスクトップ アプリが動作しない. ソフトウェアの巨人は最近、Windows クライアントおよびサーバー オペレーティング システムでさらに別の問題を確認しました。

Microsoft の説明によると、"Microsoft ODBC SQL Server Driver (sqlsrv32.dll) を使用してデータベースにアクセスする ODBC 接続を使用するアプリは、接続に失敗する可能性があります。" 影響を受けるユーザーは、アプリ内でエラー メッセージを受け取ったり、SQL Server からエラーを受け取ったりする場合もあります。

アプリ内でエラーが発生したり、SQL Server からエラーが発生したりすることがあります。たとえば、「EMS システムで問題が発生しました」などのエラーが表示され、「メッセージ: [Microsoft][ODBC SQL Server Driver] Protocol error in TDS Stream」または「Message : [Microsoft][ODBC SQL Server Driver]SQL Server から受信した不明なトークン」.

ユーザーは、インストール後に問題の影響を受ける可能性があります KB5019980. マイクロソフトは、それを軽減する方法に対するソリューションをまだ提供していませんが、 トリックがあります 影響を受けるアプリを使用しているかどうかをユーザーに知らせます。 それを見つけたい場合は、データベースを使用するアプリを開き、コマンド プロンプトを開き ([スタート] を選択し、コマンド プロンプトを入力して選択します)、次のコマンドを入力します。

タスクリスト/m sqlsrv32.dll

Microsoft は現在この問題を調査しており、今後のリリースで修正を行う予定です。 クライアントとサーバーの両方のユーザーが影響を受けます。 影響を受けるオペレーティング システムを以下で確認できます。

クライアント: Windows 11、バージョン 22H2。 Windows 10、バージョン 22H2。 Windows 11、バージョン 21H2。 Windows 10、バージョン 21H2。 Windows 10、バージョン 21H1。 Windows 10、バージョン 20H2; Windows 10 エンタープライズ LTSC 2019; Windows 10 エンタープライズ LTSC 2016; Windows 10 Enterprise 2015 LTSB; Windows 8.1; ウィンドウズ 7 SP1

サーバー: Windows Server 2022; Windows Server 2019; Windows Server 2016; Windows Server 2012 R2。 Windows Server 2012。 Windows Server 2008 R2 SP1。 Windows Server 2008 SP2

KB5019980 のインストール後に問題が発生しましたか? コメント欄でお知らせください。

トピックの詳細: アプリ, バグ, マイクロソフト, 10窓, 11窓, 8.1窓

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *