デジタル ID 名が基盤のセキュリティ システムによって見つからない [修正済み]

読書時間アイコン 4分。 読んだ


読者は MSpoweruser のサポートを支援します。私たちのリンクを通じて購入すると、手数料が発生する場合があります。 ツールチップアイコン

MSPoweruser の編集チームの維持にどのように貢献できるかについては、開示ページをお読みください。 続きを読む

あなたのデジタル ID 名が基盤となるセキュリティ システムによって見つかりません

「基礎となるセキュリティ システムではデジタル ID 名が見つかりません」は、Microsoft Outlook に関連する一般的なエラー メッセージです。このセキュリティ エラーは次の場合に発生します。 Outlookユーザー 暗号化されたメールを復号してみます。

暗号化された電子メールには、コンテンツを復号するためのパスワードを持っている受信者のみがアクセスできます。以下の修正と回避策を確認してください。

1. Outlook 証明書を確認する

電子メールのコンテンツにアクセスするための正しい証明書を選択していることを確認してください。

1. コンピューターで Outlook を開き、次の場所に移動します。 File > オプション.

2。 クリック トラストセンター (英語のみ) 左側の窓ガラスから。

3。 下 Microsoft Outlook セキュリティ センター、 クリックしてください "セキュリティセンターの設定"ボタンをクリックします。

トラストセンターの設定

4。 クリックしてください "電子メールのセキュリティ左側のウィンドウペインにある「」タブをクリックします。

5.「暗号化メール"、 クリック 設定 確認します。

2. クライアント認証と安全な電子メールを有効にする

1。 オープン インターネットエクスプローラ とをクリックしてください ギア 画面の右上隅にあるリンク。

2。 クリック インターネット設定 ポップアップメニューから。

3. 次に「」に進みます。コンテンツ" タブ。

4. 次に、「証明書」の横にある「証明書」ボタンをクリックします。 個人.

5。 クリック 高機能

6。 下 証明書の目的、両方を見つけて有効にします。クライアント認証"と"セキュアー メールアドレス"オプション。

高度なオプションの証明書

7。 クリック OK を入力して変更を保存してください。

3. Windows ファイアウォールを無効にする

コンピューターのファイアウォール システムも、「基礎となるセキュリティ システムでデジタル ID 名が見つかりません」エラーの原因となっている可能性があります。

1。 オープン コントロールパネル に移動して システムとセキュリティ > Windows Defenderファイアウォール.

2。 クリック Windows Defenderファイアウォールを有効または無効にする.

3。 選択 Windows Defender ファイアウォールを無効にする (非推奨) プライベートネットワーク設定とパブリックネットワーク設定の両方に対応します。 

Windows Defender ファイアウォールをオフにする

4。 クリック OKをクリックし、PC を再起動します。

4. Outlook をセーフ モードで起動する

このエラーは、追加のプラグインまたはアドオン ファイルが原因で発生する可能性があります。 Outlook をセーフ モードで実行する方法は次のとおりです。

1。 プレス ウィンドウズキー+ R をクリックして、「実行」ダイアログボックスを開きます。

2。 タイプ Outlook.exe / safe テキスト フィールドに入力し、Enter キーを押してコマンドを実行します。

Outlook.exe/safe を開きます

3. 結果から プロファイルを選択 プロンプト、選択 Outlook、をクリックします OK.

5. 問題のある証明書を削除する

1。 プレス Windowsの+ R、次にタイプする MMC テキストフィールドでを押して シフト + 入力します 開く Microsoft管理コンソール.

2。 クリック はい 結果の UAC プロンプトで。

3。 押す CTRL + M をクリックして「スナップイン」ウィンドウを開きます。

4。 下 利用可能なスナップイン、をダブルクリックします 証明書.

スナップインの追加または削除

5。 選択 私のユーザーアカウント > 終了.

6. さて、以下 選択したスナップイン、疑わしい証明書を削除します。

6. すべての Outlook プロセスを終了します

「基礎となるセキュリティ システムでデジタル ID 名が見つかりません」というエラーが引き続き発生する場合は、タスク マネージャーで Outlook 関連のプロセスをすべて終了する必要があります。

1.を右クリックします スタートメンズuを選択してください Task Manager 結果のメニューから。

2. 「プロセス」タブで、Outlook 関連のプロセスを右クリックし、「プロセス」を選択します。 終了タスク.

3. その後コンピュータを再起動します。

7.レジストリエディタを使用する

1。 プレス ウィンドウズキー+ R をクリックして、「実行」ダイアログボックスを開きます。

2。 タイプ regeditを テキスト フィールドに入力し、Enter キーを押してコマンドを実行します。

regeditを実行する

3. 次のパス アドレスに移動します。 HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Office \ 16.0 \ Outlook \ Security

4. 画面右側を右クリックし、[ 新作 > DWORD(32ビット)値.

5. 値の名前を付けて保存します。 UseAlternateDefualtEncryptionAlg.

6. それをダブルクリックして編集します。 実行日 から変更します 0 〜へ 1.

7. 画面の右側を再度右クリックして、新しい DWORD (32 ビット) 値を作成します。名前を付けて保存 デフォルト暗号化AlgOID.

8. それをダブルクリックし、値のデータを次のように編集します。 1.2.840.113549.3.7

9. [レジストリ編集] ウィンドウを閉じて、コンピュータを再起動します。 Outlook を開いて、問題が解決されたことを確認します。

また読む:

これで、Microsoft Outlook の「基礎となるセキュリティ システムでデジタル ID 名が見つかりません」というエラーを取り除く方法がわかりました。問題が完全に解決されるまで、修正を 1 つずつ実行してください。幸運を!

トピックの詳細: Microsoft Outlookの