Microsoft、ホットスワップ可能なバッテリーを含むモジュラー設計の AR メガネの特許を取得

読書時間アイコン 2分。 読んだ


読者は MSpoweruser のサポートを支援します。私たちのリンクを通じて購入すると、手数料が発生する場合があります。 ツールチップアイコン

MSPoweruser の編集チームの維持にどのように貢献できるかについては、開示ページをお読みください。 続きを読む

Microsoft 特許を出願する 最新の AR グラス用 — ホットスワップ可能なバッテリーを備えたモジュラー設計を備えています。 正直に? 期待できそうです。

レドモンドを拠点とするテクノロジー巨人の 特許出願、5 年 2023 月 XNUMX 日に公開されたこの記事では、フレーム内に充電ストレージを備えたウェアラブル デバイスが紹介されており、ユーザーはバッテリーがなくなっても引き続き使用できます。

長時間の使用やコンセントが無い場合に便利です。 その主要な設計図をここでご覧ください。

この特許には、モジュール設計を実装するためのさまざまな方法も記載されていますが、その一例として、バッテリーがメガネのテンプル部分に配置されていることが示されています。 

バッテリーは電気コネクタを介して残りのメガネに接続され、簡単に取り外して交換できるようになります。

別の例では、バッテリーが取り外し可能なイヤピース内に配置されています。 これにより、ユーザーはデバイスの重量やかさばりを軽減したい場合に、バッテリーなしでメガネを着用できるようになります。

Microsoft の文章では、メガネをネックレス、ベルト、バックパックなどの外部デバイスに接続して、メガネのコンピューティング容量やメモリ容量を増やしたり、追加の機能を提供したりする方法も示しています。

「いくつかの例では、取り外し可能なモジュールは、通信無線(Wi-Fi(ワイヤレス忠実度)またはセルラーなど)、LiFi(光忠実度)エミッター/レシーバー、質量などを提供することによって、デバイスの機能を拡張するように構成できます。ストレージ (ソリッド ステート ドライブなど)、計算能力、および/またはその他の機能」と特許には記載されています。

トピックの詳細: ホロレン, マイクロソフト, 特許

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *