マイクロソフトの経営陣のボーナスの3分の1は、サイバーセキュリティの実績によって決まる

読書時間アイコン 2分。 読んだ


読者は MSpoweruser のサポートを支援します。私たちのリンクを通じて購入すると、手数料が発生する場合があります。 ツールチップアイコン

MSPoweruser の編集チームの維持にどのように貢献できるかについては、開示ページをお読みください。 続きを読む

キーノート

  • 同社はまた、これらの分野における同社の進捗状況について、追加的かつ独立した評価を提供する第三者からの意見にも依存することになる。
Microsoftロゴ

マイクロソフト取締役会は本日、マイクロソフトのトップの報酬構造の変更を発表した。
シニア リーダーシップ チーム (SLT) の幹部。Microsoft の製品とサービスの全体的なセキュリティを向上させるため、1 月 XNUMX 日より、各 SLT メンバーの個人業績ボーナスの XNUMX 分の XNUMX は、サイバーセキュリティに関する幹部の個人業績に対する報酬委員会の評価のみによって決まります。SLT メンバーが管理する製品とサービスのいずれかでセキュリティ上の欠陥が発生すると、その業績ボーナスに重大な影響が生じます。この変更により、シニア リーダーは製品とサービスのセキュリティに対してさらに責任を負うことになります。

報酬委員会は、CSRB の推奨事項の実施、Microsoft の Secure Future Initiative に関連する目標、およびセキュリティに関連するその他の作業に関する定量的指標と定性的な評価に基づいてこの評価を行います。また、これらの分野における同社の進捗状況について、追加の独立した評価を提供する第三者からの意見も参考にします。

今会計年度、報酬委員会は、メンバーの業績の年次評価の一環として、各 SLT メンバーのサイバーセキュリティ業績を明示的に考慮します。

マイクロソフトはまた、すべてのマイクロソフト製品の半年ごとのレビューにセキュリティを必須項目として組み込むことを計画している。
従業員のセキュリティに関するレビューを 7 月から実施します。7 月から、これらのレビューにはサイバーセキュリティに関する新しい「コア優先事項」が含まれ、従業員はサイバーセキュリティに関する業務について上司と話し合うことが義務付けられます。SLT と同様に、セキュリティへの取り組みはすべての従業員の年間ボーナスと報酬に反映されます。

トピックの詳細: マイクロソフト, セキュリティ