Amazonは、AWSでのWindowsServerおよびSQLServerの新しいBring-Your-Own-Licenseエクスペリエンスを発表しました

読書時間アイコン 1分。 読んだ


読者は MSpoweruser のサポートを支援します。私たちのリンクを通じて購入すると、手数料が発生する場合があります。 ツールチップアイコン

MSPoweruser の編集チームの維持にどのように貢献できるかについては、開示ページをお読みください。 続きを読む

現在、お客様がサーバーにバインドされた独自のMicrosoftWindowsServerおよびSQLServerライセンスをAmazonWebServices(AWS)に持ち込む場合、容量を管理するために追加の自動化を作成する必要があります。また、必要な専用ホストをより有効に活用する必要があります。 BYOLの場合。 このプロセスをシンプルで使いやすいものにするために、Amazonは本日、ホスト管理を簡素化するAWSでの新しいBYOLエクスペリエンスを発表しました。 この新しいBYOLエクスペリエンスは、ホストの割り当てや解放などの主要なホスト管理タスクを自動化し、ホスト容量を管理し、ホストの自動スケーリングや自動回復などの機能を有効にします。

本日リリースされた新しいBYOLエクスペリエンスにより、既存のWindowsServerまたはSQLServerライセンスを使用してEC2で仮想マシンをシームレスに作成したいお客様は、AWSがライセンスの管理を行い、お客様が指定したライセンスルールに確実に準拠できるようになります。

Amazonは、新しいよりシンプルなBYOLエクスペリエンスが、米国東部(バージニア州北部)および米国西部(オレゴン)地域のお客様に利用可能になったことを発表しました。 アマゾンはまた、数日中に他の地域にそれをもたらすでしょう。 以下のソースリンクから詳細を学ぶことができます。

情報源: Amazon

トピックの詳細: Amazon Webサービス, AWS, 自分のライセンスを持参, マイクロソフト, SQLサーバー, Windowsサーバー

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *